Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院が不正アクセス受けた可能性、なりすましスパムも - 新潟

新潟県立柿崎病院のウェブサイトが、不正アクセスを受けた可能性があることがわかった。発信元に同院を装って不正サイトへ誘導するスパムメールも発信されており、同県では関連性などを調査している。

同県によれば、2月4日に検索サイトより同院サイトにアクセスすると、無関係のサイトへ誘導する画面が表示される状態となっていたもの。同県ではサイトを閉鎖、安全性の確認を取っていると説明。12日の時点では、同サイトへアクセスするとウェブサーバの初期画面が表示される状態となっている。

同県では、問題のウェブサーバは、病院の医療システムや同県LANと接続しておらず、情報漏洩に関しても確認されていないとしているが、影響など詳しく調べている。

また同院を装った不審メールも確認された。同院の代表メールアドレスに送信エラーのメッセージが大量に届いたことから判明。問題のメールは、2月3日夜から4日朝にかけて送信されたと見られる。メールは英文で、他サイトへ誘導する内容だったという。ウェブサイトへの不正アクセスとの関連性も含め、調査を進めている。

(Security NEXT - 2016/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
サイト公開動画に新型コロナ患者情報 - 神戸市立病院
患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大