Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アスタリスク、米Cigital製脆弱性テストサービスを提供

アスタリスク・リサーチは、アプリケーションテストサービス「Cigital 3D」を1月25日より提供を開始する。

同サービスは、ウェブサイトやスマートフォン向けアプリケーションの脆弱性についてテストできるもので、米Cigitalによるサービスを国内向けに展開する。

テストメニューとして、自動スキャンや自動ハッキングテストにくわえ、手動によるハッキングテストにも対応。スマートフォンアプリケーションのテストにおいては、コーディングのチェックも行うことができる。

テスト終了後は、脆弱性の再現手順や影響の深刻度、改善案などをレポートするほか、ハッキング担当者によるオンライン会議も可能。料金体系は、テスト回数にかかわらず、1アカウントごとのサブスクリプション方式となっている。

(Security NEXT - 2016/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「Firefox」「Thunderbird」にアップデート - 深刻な脆弱性を修正
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず