Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、若年技術者支援プログラムの募集を開始

ラックは、エンジニアの卵を発掘する若年層支援プログラム「すごうで」の応募受付を開始した。

同プログラムは、高いIT技術と、その技術を活用して実現したい夢を持つ若者を、資金や技術面から支援するIT人材育成の試み。2013年度よりスタートし、今回の2016年度で4回目を迎えた。

中高生を対象としており、実現したい「夢」については、ITを活用した取り組みであれば、ソフトウェア開発からハードウェア開発、イベント企画など内容は問わない。応募者のなかからもっとも優秀な個人またはグループを選定し、総額100万円を上限に支援する。応募締め切りは2016年2月29日。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞