Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、若年技術者支援プログラムの募集を開始

ラックは、エンジニアの卵を発掘する若年層支援プログラム「すごうで」の応募受付を開始した。

同プログラムは、高いIT技術と、その技術を活用して実現したい夢を持つ若者を、資金や技術面から支援するIT人材育成の試み。2013年度よりスタートし、今回の2016年度で4回目を迎えた。

中高生を対象としており、実現したい「夢」については、ITを活用した取り組みであれば、ソフトウェア開発からハードウェア開発、イベント企画など内容は問わない。応募者のなかからもっとも優秀な個人またはグループを選定し、総額100万円を上限に支援する。応募締め切りは2016年2月29日。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始