Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高の無線LANルータ、迷惑メールに悪用される - 岡山

岡山県教育委員会は、県立真庭高校に設置していた無線LANルータが、迷惑メールの送信に悪用されていたことを明らかにした。

メールの不正送信に悪用されたのは、同校久世校地の生物教室内に設置していた無線LANルータ。タブレット端末の画像を教室内のプロジェクタに送信するために使われているが、12月13日から14日にかけて、同ルータより不正メールが外部に送信されていた。

送信されたのは英文のメールで、マルウェアの添付や不正なサイトへ誘導するURLの記載はなかった。現時点で被害の報告は確認されていない。原因は調査中としているが、ルータに脆弱なパスワードが設定されており、パスワードが破られた可能性があるとしている。

同校では、生徒が利用する全端末のインターネット接続を遮断した。また同教委では県内の高校に対し、セキュリティの徹底を通知したという。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
「Emotet」感染、2月第1週より急速に拡大 - ピーク時に迫る勢い
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測