Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ紛失リスク高まる宴会シーズン - 業務用端末は3人に2人が飲酒時

飲酒時にスマートフォンを置き忘れたり、紛失するケースが目立っている。忘年会や新年会など、飲酒の機会が増えるこれからの季節に注意が必要だ。

エムオーテックスが、11月7日から同月9日にかけて、首都圏に勤務する20〜40代のビジネスパーソンを対象にインターネットでアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。業務や個人でスマートデバイスの紛失経験を持つ業務用スマートデバイス利用者300人から回答を得た。

個人用デバイスにおける業務情報の有無を尋ねたところ、「入っている(50.3%)」「たぶん入っている(19.7%)」との回答者の約7割にのぼる。機密情報であるか尋ねたところ、「該当する(33.8%)」「たぶん該当する(31.9%)」と機密情報も多く含まれていた。

紛失時の傾向について調査したところ、スマートデバイスを置き忘れたり紛失した時間帯は、41%は平日の業務時間内だが、「平日の業務時間外(40.7%)」「休日(18.3%)」で6割近くを占めたという。

デバイスを忘れた場所は業務用と個人用ともに「飲食店」が4割前後で最多。「店やショッピングセンター」「電車」と続いた。

飲酒時の紛失経験について聞いたところ、業務用端末では66.7%、個人用では56.1%が「ある」と回答。また全国の飲食店で店長を務める100人を対象に実施した調査では、7割が利用客によるスマートデバイスの忘れ物を経験。時期を尋ねたところ「11月から12月」が42.9%と年末に集中していた。

(Security NEXT - 2015/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件