Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホ紛失リスク高まる宴会シーズン - 業務用端末は3人に2人が飲酒時

飲酒時にスマートフォンを置き忘れたり、紛失するケースが目立っている。忘年会や新年会など、飲酒の機会が増えるこれからの季節に注意が必要だ。

エムオーテックスが、11月7日から同月9日にかけて、首都圏に勤務する20〜40代のビジネスパーソンを対象にインターネットでアンケート調査を実施し、結果を取りまとめたもの。業務や個人でスマートデバイスの紛失経験を持つ業務用スマートデバイス利用者300人から回答を得た。

個人用デバイスにおける業務情報の有無を尋ねたところ、「入っている(50.3%)」「たぶん入っている(19.7%)」との回答者の約7割にのぼる。機密情報であるか尋ねたところ、「該当する(33.8%)」「たぶん該当する(31.9%)」と機密情報も多く含まれていた。

紛失時の傾向について調査したところ、スマートデバイスを置き忘れたり紛失した時間帯は、41%は平日の業務時間内だが、「平日の業務時間外(40.7%)」「休日(18.3%)」で6割近くを占めたという。

デバイスを忘れた場所は業務用と個人用ともに「飲食店」が4割前後で最多。「店やショッピングセンター」「電車」と続いた。

飲酒時の紛失経験について聞いたところ、業務用端末では66.7%、個人用では56.1%が「ある」と回答。また全国の飲食店で店長を務める100人を対象に実施した調査では、7割が利用客によるスマートデバイスの忘れ物を経験。時期を尋ねたところ「11月から12月」が42.9%と年末に集中していた。

(Security NEXT - 2015/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども