Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀、出会い系事業者への振込情報が流出 - 架空請求に悪用

三菱東京UFJ銀行において、同行へ振込を行った利用者に関する個人情報が外部へ漏洩し、架空請求詐欺に悪用されていたことがわかった。

同行によれば、会員制出会い系サイトの運営者など47口座の入出金明細に関する氏名、あるいは電話番号が漏洩したもの。警察からの連絡により、電話番号が架空請求詐欺へ悪用されていることを把握した。

電話で口座情報を確認できる「残高照会ダイヤル」のシステムに仕様上の不備があり、第三者に出会い系サイトの料金を支払った利用者の情報が取得されていた。漏洩件数は1万4000件にのぼる可能性があるという。

同行では、心当たりがある利用者へ注意喚起を行うとともに、情報が取得されたおそれがある振込依頼者や被害者などに対して、事情を説明。補償なども視野に対応を進める。また過去の状況などについても調査を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA