Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Cordova」に複数の脆弱性 - 作成したAndroidアプリに影響

オープンソースで提供されているモバイルアプリの開発用フレームワーク「Apache Cordova」にアクセス制御が正しく機能しない脆弱性が見つかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Cordova Android 3.7.2」および以前のバージョンに、作成したアプリにおいて「ホワイトリスト」のアクセス制限が正しく適用されない脆弱性「CVE-2015-5256」が存在するという。開発グループによる深刻度のレーティングは「中」。

開発されたAndroidアプリに対し、細工されたURLを用いることで、ホワイトリストによるアクセス制限を回避することが可能となり、ホワイトリスト以外のJavaScriptを実行してしまうおそれがある。

今回の脆弱性は、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ(SDNA)の西村宗晃氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

また「同3.6.4」までのバージョンに「BridgeSecret」のランダム化機能が十分ではない脆弱性「CVE-2015-5257」が存在することも判明している。開発グループによる深刻度は「低」。

これら脆弱性を解消するには、問題を解決した「同4.1.1」以降へアップデートした上で、Androidアプリをリビルドする必要がある。

(Security NEXT - 2015/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
トレンドマイクロのWindows向けパスワード管理製品に脆弱性
「Firefox」や「Thunderbird」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
「BIG-IP」などF5の複数製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
スマホ向け主要プロセッサのAppleロスレス処理に脆弱性 - 2021年12月に修正