Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
SAP、定例パッチをリリース - CVSS最高値の脆弱性を修正
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験