Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性63件に対応 - ゼロデイ脆弱性も修正
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
NVIDIAの連合学習SDKにRCE脆弱性 - データ侵害のおそれも
4省庁23サイトで障害、DDoS攻撃が原因か - 民間サイトでも障害
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
「Elastic Cloud Enterprise」に情報流出の脆弱性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性