Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
複数職員が住基システムでコロナ患者情報を業務外閲覧 - 横手市
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
Google、「Chrome 94.0.4606.71」をリリース - ゼロデイ脆弱性などに対応
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件