Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、漏洩リスクがあるファイルを洗い出す無償ソフト

ディアイティは、マルウェア感染などによって流出するおそれがあるファイルの情報を収集、表示するツールの無償提供を開始した。

「流出するかもしれない情報チェッカー」は、パソコンや共有サーバ上でパソコンのマルウェア感染による情報漏洩のリスクへ配慮すべきファイルの情報を把握できる無償ツール。

ファイル情報を表示し、特に注意すべき単語を含むファイルを表示することが可能。また脆弱性を狙われることが多い「Java」「Adobe Flash Player」「Adobe Acrobat Reader」のバージョンを確認したり、「Internet Explorer」のブックマーク情報を参照できる。

(Security NEXT - 2015/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
「Adobe Photoshop」「Adobe Animate」に脆弱性 - アップデートがリリース
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導