Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
看護専門学校で成績査定表や解答用紙が所在不明 - 岐阜県
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市