Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
オンラインモールのサードパーティ製管理ツールに不正アクセス
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス