Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市
一部転居届で処理漏れ、転送未実施に - 日本郵便
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
東日本大震災の都内避難者向け広報誌で、宛名ミス - 東京都
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
大阪市の子宮頸がんワクチン案内約1.9万件で宛名ミス - データ操作ミスで
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応