Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

局員による郵便物隠匿、あらたに9000件が判明 - 日本郵便

日本郵便は、香川県の観音寺郵便局において局員が郵便物を隠匿していた問題で、警察へ被害届けを提出した。その後の調査であらたな郵便物の隠匿も判明している。

問題の事件は、2013年12月から、2015年11月にかけて郵便物を配達せずに隠匿していたもの。対象となる郵便物は約2万9000通にのぼり、同社では事実関係を調査していた。

その後の調査であらたに約9000通のゆうメールを隠匿していることが判明。同社では警察へ被害届けを提出した。同社は同様の事件が発生しないよう指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
ふるさと納税者に別人の郵便振替用紙を送付 - 三浦市
従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
顧客情報含む書類を別の顧客に投函 - 三重のCATV局
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都