Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Wireshark 2.0」がリリース - パケット分析機能を強化

リバーベッドテクノロジーは、オープンソースのパケット解析ツールの新版「Wireshark 2.0」をリリースした。

新版では、あたらしいアプリケーションフレームワークの採用。パケットレベルの分析機能を強化した。日本語を含む7カ国語に対応している。

列表示やソートなどの機能を高速化したほか、ファイルタリングに対応したエキスパートアイテムや対話フィルタオプション、スクロールバーの自動制御機能を追加。またSSLディセクタの改良、メニュー項目の見直しなど実施している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
「ArubaOS」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
小規模環境向けの一部Cisco製VPNルータに脆弱性 - EOLで修正予定なし
「BIND 9」の反射型攻撃対策に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査