Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Wireshark 2.0」がリリース - パケット分析機能を強化

リバーベッドテクノロジーは、オープンソースのパケット解析ツールの新版「Wireshark 2.0」をリリースした。

新版では、あたらしいアプリケーションフレームワークの採用。パケットレベルの分析機能を強化した。日本語を含む7カ国語に対応している。

列表示やソートなどの機能を高速化したほか、ファイルタリングに対応したエキスパートアイテムや対話フィルタオプション、スクロールバーの自動制御機能を追加。またSSLディセクタの改良、メニュー項目の見直しなど実施している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のZyxel製NAS製品に深刻な脆弱性 - パッチの適用を
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
「Cisco SWA」に脆弱性、順次アップデートを公開
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
6月のDDoS攻撃は1割減、最大規模も大きく縮小 - IIJレポート
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
5月はDDoS攻撃が微増、50Gbps超の攻撃も - IIJレポート
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
4月のDDoS攻撃は件数、最大規模ともに減少 - IIJレポート