Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Wireshark 2.0」がリリース - パケット分析機能を強化

リバーベッドテクノロジーは、オープンソースのパケット解析ツールの新版「Wireshark 2.0」をリリースした。

新版では、あたらしいアプリケーションフレームワークの採用。パケットレベルの分析機能を強化した。日本語を含む7カ国語に対応している。

列表示やソートなどの機能を高速化したほか、ファイルタリングに対応したエキスパートアイテムや対話フィルタオプション、スクロールバーの自動制御機能を追加。またSSLディセクタの改良、メニュー項目の見直しなど実施している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
2020年の攻撃通信パケット、前年比1.5倍 - NICTまとめ
小規模向けCisco製VPNルータに深刻なRCE脆弱性 - アップデートが公開
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響