Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知、受領印受けず投函 - 配達員がみずからサイン

石川県珠洲市において、書留郵便で発送されているマイナンバー通知書が、受領印なくポストへ投函されていたことがわかった。

配達員が配達を早く終えるために受取人から受領印をもらわず、自らサインを行い配達していたことが判明したもの。受取人から、押印やサインの記憶がないとの申し出があり、問題が発覚した。

日本郵便によれば、不正に配達されたマイナンバー通知書は21通にのぼるという。同社では、関係者へ事情を報告し、謝罪した。

(Security NEXT - 2015/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令