Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DNS水責め攻撃」対策を講じたDNSサーバの構築サービス

デージーネットは、キャッシュDNSサーバに対するランダムサブドメイン攻撃へ配慮したDNSサーバ構築サービスを提供開始した。

同サービスは、DNSサーバへ存在しないサブドメインを含んだ問い合わせを大量に行う「ランダムサブドメイン攻撃」への対策を講じたキャッシュDNSサーバを構築するサービス。

ランダムサブドメイン攻撃は、ボットネットからオープンリゾルバ経由で攻撃対象のDNSサーバに存在しないサブドメインを含んだドメイン名の問い合わせを集中させるDDoS攻撃の一種。「DNS水責め攻撃」「ランダムDNSクエリー攻撃」などとも呼ばれている。

同サービスでは、キャッシュDNSサーバの統計情報を調査し、一定数以上問い合わせがあったドメイン名に対し、DNSの名前解決を停止する。

キャッシュDNSサーバが複数ある場合でも、ドメイン情報を共有することで対象ドメインの名前解決を停止することが可能。攻撃の踏み台として使われた端末やルータを検出し、管理者に通知することもできる。

また情報提供や障害時のリモート対応、オンサイト対応、システムの再構築などサポートサービスを提供する。価格は39万9600円から。サポートサービスは7万9920円。

(Security NEXT - 2015/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
「BIND 9」に5件の脆弱性 - 一部脆弱性は公開済み
宅配便の不在通知を装うスミッシングに注意 - ダイナミックDNSを悪用
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を