Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実在企業装う不正メールが大量送信 - 企業名の悪用に警戒を

複数の実在する企業を装い、マルウェアを送り付けるメールが、10月27日ごろより大量に送信されている。受信者はもちろん、「なりすまし」に対して組織でも警戒が必要だ。

10月27日以降、一部実在する企業を装い、マルウェアを送り付けるメールが大量に送信されているもの。複数のセキュリティベンダーがメールを確認した。名前が悪用された企業も対応に追われている。

「トーケン小松本社」「日東印刷」を偽装したケースでは請求書の送付と見せかけていたほか、レンタルオフィスの「サーブコープ」になりすましたメールでは、オンラインファックスの受信通知を装っていた。

いずれもWordファイルを悪用。誤って開くとマクロにより外部からマルウェアがダウンロードされるしくみだった。

攻撃を確認したトレンドマイクロでは、1万1000通以上のメール送信を確認。「Shifu」や「SHIZ」として知られるオンラインバンキングのアカウント情報を盗むマルウェアの感染を試みるものだったという。

(Security NEXT - 2015/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
MS、11月の定例パッチを公開 - 悪用済み脆弱性6件を修正
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
日本気象協会の偽サイトに注意 - 個人情報詐取のおそれも
和歌山県、県民プール装うメールに注意喚起 - 以前のEmotet感染と関連は不明
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減