Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティマネジメント試験」を創設 - 年2回実施

国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」が2016年4月からスタートする。毎年4月と10月の年2回実施される予定だ。

経済産業省が、国家試験「情報処理技術者試験」のあらたな試験区分として、「情報セキュリティマネジメント試験」を創設したもの。これを受け、情報処理推進機構(IPA)では試験を2016年4月から開始し、毎年4月と10月に実施する。

同試験は、業種を問わずすべての企業や組織において必要とされる情報セキュリティマネジメントを推進する人材の育成を目的としたもの。部門内で個人情報を取り扱う担当者や外部委託の担当者、情報システム担当者などをおもな対象者としており、適切な情報管理や組織にセキュリティポリシー遵守の推進に必要な知識やスキルなどを問う。

試験は午前と午後各90分の計180分で実施。午前は情報セキュリティ全般に関する知識を測るもので、セキュリティ対策や関連する法律に関する問題を出題。午後はより身近な事例に基づき、実践的な問題を用意するという。

あわせて同機構では、試験の出題範囲やシラバス、サンプル問題などの詳細情報をウェブサイトで公開している。

(Security NEXT - 2015/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA