Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - IPAポスターが複数言語に対応

政府は、10月より関係団体やASEAN諸国などと連携し、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」を展開する。

同キャンペーンは、ASEAN諸国などサイバーセキュリティ対策における国際連携の推進を目指すもので、イベントや情報発信などを展開する。

期間中の10月14日、15日には第8回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」がインドネシアのジャカルタにて開催される予定で、状況報告や今後の協力事項なども話し合われる。

同キャンペーンでは、国際連携の一環としてASEAN各国の言語へ翻訳したマンガ冊子を配布。IPAの少女マンガ風ポスターなども啓発活動へ活用していくほか、サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェの開催を通じて国際交流を図る。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」に同キャンペーンのページを用意し、各国のサイバーセキュリティに関するコンテンツを配信。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による動画配信やコラムの掲載など情報発信を行うほか、400件以上の関連行事を予定している。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
サイバー攻撃でシステム障害、詳細を調査 - 三立製菓
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
JICA関係者をかたる詐欺メールに注意 - 金銭や個人情報を要求
コロナ問題に便乗、厚労省装うフィッシング - 証明書写真など詐取
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米子会社に不正アクセス、ダークウェブに情報流出 - 日新