Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - IPAポスターが複数言語に対応

政府は、10月より関係団体やASEAN諸国などと連携し、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」を展開する。

同キャンペーンは、ASEAN諸国などサイバーセキュリティ対策における国際連携の推進を目指すもので、イベントや情報発信などを展開する。

期間中の10月14日、15日には第8回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」がインドネシアのジャカルタにて開催される予定で、状況報告や今後の協力事項なども話し合われる。

同キャンペーンでは、国際連携の一環としてASEAN各国の言語へ翻訳したマンガ冊子を配布。IPAの少女マンガ風ポスターなども啓発活動へ活用していくほか、サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェの開催を通じて国際交流を図る。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」に同キャンペーンのページを用意し、各国のサイバーセキュリティに関するコンテンツを配信。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による動画配信やコラムの掲載など情報発信を行うほか、400件以上の関連行事を予定している。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版
日本海事協会ら、模擬船上機器システムにペネトレ実施 - 成果報告書
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す