Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - IPAポスターが複数言語に対応

政府は、10月より関係団体やASEAN諸国などと連携し、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」を展開する。

同キャンペーンは、ASEAN諸国などサイバーセキュリティ対策における国際連携の推進を目指すもので、イベントや情報発信などを展開する。

期間中の10月14日、15日には第8回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」がインドネシアのジャカルタにて開催される予定で、状況報告や今後の協力事項なども話し合われる。

同キャンペーンでは、国際連携の一環としてASEAN各国の言語へ翻訳したマンガ冊子を配布。IPAの少女マンガ風ポスターなども啓発活動へ活用していくほか、サイバーセキュリティをテーマとしたサイエンスカフェの開催を通じて国際交流を図る。

また「国民を守る情報セキュリティサイト」に同キャンペーンのページを用意し、各国のサイバーセキュリティに関するコンテンツを配信。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)による動画配信やコラムの掲載など情報発信を行うほか、400件以上の関連行事を予定している。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
2020年上半期、捜査機関による開示要請は1822件 - LINE