Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス

UBICは、メール監査におけるテキスト解析の精度を効率的に向上させるためのコンサルティングサービスを提供開始する。

同社が展開するメール監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」向けのコンサルティングサービスをメニューへ追加したもの。

同システムでは、監査人が判断する特徴を学習する人工知能「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」を用いて、企業で送受信されるメールを監査するが、同コンサルティングサービスにより、監査がどの程度機能しているか成長過程を可視化。成長の精度やスピードが適正であるか判断できるという。

成長の測定は、監査人による不正の判断と人工知能が行ったスコア付けを比較。時系列でスコア付けがどのように変化するか動きを見ることで、人工知能の成長度を測ることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
委託先が名簿を不正にクラウド共有、メール誤送信で発覚 - 厚労省
「Kubernetes」環境のセキュリティ堅牢化を - 米政府がガイダンス
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
LINEのデータガバナンス検証で外部有識者委員会 - ZHD
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
ISMAPクラウドサービスリストが公開 - 7社10サービス