Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、監査用人工知能の成長度を可視化するサービス

UBICは、メール監査におけるテキスト解析の精度を効率的に向上させるためのコンサルティングサービスを提供開始する。

同社が展開するメール監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」向けのコンサルティングサービスをメニューへ追加したもの。

同システムでは、監査人が判断する特徴を学習する人工知能「バーチャルデータサイエンティスト(VDS)」を用いて、企業で送受信されるメールを監査するが、同コンサルティングサービスにより、監査がどの程度機能しているか成長過程を可視化。成長の精度やスピードが適正であるか判断できるという。

成長の測定は、監査人による不正の判断と人工知能が行ったスコア付けを比較。時系列でスコア付けがどのように変化するか動きを見ることで、人工知能の成長度を測ることができるとしている。

(Security NEXT - 2015/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」にサービス拒否の脆弱性
採用関連情報がネットより閲覧可能、権限設定ミスで - エイチーム
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応