Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信システムの障害で3.7万人のアドレスが流出 - PR会社

イベント企画やプロモーションなどを手がけるサニーサイドアップは、委託先で発生したメールマガジン配信システムの障害により、受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

8月28日12時過ぎに取引先や関係者へ配信したメールマガジンにおいて、配信先のメールアドレスが表示される状態となったもの。メールマガジンは複数回にわけて配信しており、最大999人分のメールアドレスが表示された。流出したメールアドレスを合計すると3万7006人分にのぼるという。

同社は、メールマガジンの配信を行う委託先のシステム障害が原因であると説明。対象となる関係者に説明と謝罪を行い、配信されたメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

配信機能の導入時に作業ミス、一斉メールでメアド流出 - 南海電鉄関連会社
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
メール誤送信で報道関係者のメアドを流出 - 鈴鹿サーキット
将棋動画配信サービスで不具合、個人情報が流出
誤送信で研修参加者のメールアドレスが流出 - 岐阜県
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
メール誤送信で講座参加申込者のメアド流出 - 長野県
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県