Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信システムの障害で3.7万人のアドレスが流出 - PR会社

イベント企画やプロモーションなどを手がけるサニーサイドアップは、委託先で発生したメールマガジン配信システムの障害により、受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

8月28日12時過ぎに取引先や関係者へ配信したメールマガジンにおいて、配信先のメールアドレスが表示される状態となったもの。メールマガジンは複数回にわけて配信しており、最大999人分のメールアドレスが表示された。流出したメールアドレスを合計すると3万7006人分にのぼるという。

同社は、メールマガジンの配信を行う委託先のシステム障害が原因であると説明。対象となる関係者に説明と謝罪を行い、配信されたメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
イベント案内メールで誤送信 - 東京都人権啓発センター
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業