Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、FW導入自治体へサンドボックス解析を無償提供

パロアルトネットワークスは、地方公共団体向けに提供されている「LGWAN-ASP」を通じてサンドボックスによるマルウェア検証サービスを提供する。

同サービスは、地方公共団体を相互に接続する行政専用ネットワーク「総合行政ネットワーク(LGWAN)」において、同社サンドボックス「WildFire」によるマルウェア対策を「LGWAN-ASP」にて提供するもの。同社製品を導入している地方公共団体向けの無償サービスで、9月14日からトライアルサービスを開始する予定。

サンドボックスでは不審なファイルを相関的に分析。マルウェアと判定した場合はシグネチャを作成して同社セキュリティプラットフォームに適用できる。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される