Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供

日本システムウエアとエンカレッジ・テクノロジは、内部不正対策サービスでの協業を発表した。

今回の協業により、日本システムウエアのIaaSサービスを利用し、エンカレッジの内部不正防止ソフト「ESS AdminGate」をクラウドサービスとして展開する。

「ESS AdminGate」は、特権IDを管理するソフト。承認ワークフローに基づき特権IDの貸し出しや返却に対応。操作内容を動画で記録、保管できる。

同サービスの価格は初期費用3万円、サーバ1台あたり月額1万2000円。初年度50社150サーバの導入を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HDD紛失を公表、顧客情報が含まれる可能性 - 北海道ガス
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
サイバー攻撃、海外子会社サーバ経由で - パナソニック
大晦日未明にランサム被害、情報流出を確認 - ソフトウェア開発会社
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
クラウド運用の県森林情報管理システムがランサム被害 - 鳥取県
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院