Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FJH、Oracle DBのセキュリティ強化サービスを提供

富士通北陸システムズは、Oracleデータベースの保護を行う「Fujitsu セキュリティソリューション DBディフェンスソリューション for Oracle」を提供開始した。

同ソリューションは、Oracleデータベースが備えるセキュリティ機能を活用し、データベースにおける不正アクセスからの保護や、データベースに対する不正操作の検知、暗号化などを実現するもの。

具体的には、「DBディフェンスソリューション for Oracle 導入サービス」と「DBディフェンスソリューション for Oracle 運用支援サービス」を用意しており、顧客の要望に応じて「Oracle Audit Vault and Database Firewall」「Oracle Database Vault」「Oracle Advanced Security」といったセキュリティ対策の提案から運用まで支援する。

同社では、今後3年間に2億円の売上げを目指して同ソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
2021年末で「CentOS 8」のサポートが終了 - リリースからわずか2年強
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応