Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盗まれた患者情報含む外部記憶装置が発見 - 昭和大

昭和大学は、5月に発生した車上荒らしによる外付けハードディスクの盗難事件に関し、別の事件で逮捕された容疑者の押収物から盗難物が発見されたことを明らかにした。

5月8日から翌朝にかけて、横浜市内の駐車場に駐車していた同大医師の車が車上荒らしに遭い、横浜市北部病院の患者情報約4万8000人分の個人情報を保存したハードディスクが持ち去られたもの。

別の事件で逮捕された被疑者の押収物に被害に遭ったハードディスクが含まれていたという。内部の患者情報が不正に利用された事実は確認されていないとしている。

同大では、今回の問題を受けて盗難に遭った医師を減給処分とした。また個人情報管理体制の見直しや責任の明確化、個人情報管理マニュアルの周知徹底などにより、再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院
患者情報含む私物USBメモリが医局で所在不明に - 鹿児島大学病院
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院