Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部への不正通信を確認、通信を遮断 - 日本クレジット協会

日本クレジット協会は、協会内部から外部へ不正な通信が行われていたことを明らかにした。マルウェアへ感染している可能性もあるとして、調査を進めている。

20150805_cr_001.jpg
不正通信について調査を進めている日本クレジット協会

同協会によれば、外部機関より7月28日に指摘を受けたもので、外部との通信を遮断した。消費者相談は、ウェブ経由の受付を停止しており、現在は電話のみの対応となっている。

同協会では今回の問題を受け、マルウェア感染の可能性も含めて調査を進めており、詳細が判明次第、公表する予定。また個人顧客のクレジット取引に関する情報は保有していないと説明、情報漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
自動車部品メーカーのNOKにサイバー攻撃 - 被害状況など調査
「Yappli」で作成されたAndroidアプリに脆弱性 - 最新環境で再作成を
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
神戸物産にサイバー攻撃、詳細を調査 - システムは2日後に復旧
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
国内WAFベンダー「Log4Shell」に対応 - 約500サイトで攻撃を検知
ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断