Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、内部不正への対応を考えるセミナーを開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と情報処理推進機構(IPA)は、無料セミナー「組織で働く人間による不正・事故は止められるのか?」を9月9日に都内で開催する。

同セミナーは、JNSAが書籍「内部不正対策14の論点」を出版することをきっかけに企画したもの。組織の内部者が起こした不正行為やセキュリティ事故に関し、対策や予防をどのように考えるか、幅広い観点から解説する。

基調講演や各種講義のほか、パネルディスカッションも予定。会場は品川のコクヨホール。定員は300人で、参加費は無料。事前申込が必要となる。詳細、申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も