Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、内部不正への対応を考えるセミナーを開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と情報処理推進機構(IPA)は、無料セミナー「組織で働く人間による不正・事故は止められるのか?」を9月9日に都内で開催する。

同セミナーは、JNSAが書籍「内部不正対策14の論点」を出版することをきっかけに企画したもの。組織の内部者が起こした不正行為やセキュリティ事故に関し、対策や予防をどのように考えるか、幅広い観点から解説する。

基調講演や各種講義のほか、パネルディスカッションも予定。会場は品川のコクヨホール。定員は300人で、参加費は無料。事前申込が必要となる。詳細、申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
内部統制構築支援サービス、スキル移転も重視 - ニュートン・コンサル
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
ランサム被害が発生、紙資料と電話で対応 - みやぎ産業振興機構
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
患者情報含むデジカメ記録メディアの紛失事故2件が発生 - 東海大病院
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
漁協直売店で「なりすましメール」 - 8月の「Emotet」感染が原因か
サーバなどにサイバー攻撃、番組供給には影響なし - 日本ケーブルテレビジョン
ランサム暗号化を一部逃れるも流出可能性は否定できず - ダイナムJHD