Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、内部不正への対応を考えるセミナーを開催

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)と情報処理推進機構(IPA)は、無料セミナー「組織で働く人間による不正・事故は止められるのか?」を9月9日に都内で開催する。

同セミナーは、JNSAが書籍「内部不正対策14の論点」を出版することをきっかけに企画したもの。組織の内部者が起こした不正行為やセキュリティ事故に関し、対策や予防をどのように考えるか、幅広い観点から解説する。

基調講演や各種講義のほか、パネルディスカッションも予定。会場は品川のコクヨホール。定員は300人で、参加費は無料。事前申込が必要となる。詳細、申し込みは同協会のページから。

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
顧客情報含む書類が車上荒らし被害に - 中部電力関係会社