Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州大、セキュリティ入門講座を11月から開講

九州大学は、無料講座「個人と組織のための最先端サイバーセキュリティ入門」を11月より開講する。受講期間は11月10日から12月8日で、受講料は無料。

今回、同センターのセンター長を務める岡村耕二教授を講師として、全学部の1年生を対象に開講している「サイバーセキュリティ基礎論」をベースにした内容の講座を、ネットラーニングが提供するプラットフォーム「OpenLearning,Japan」経由で提供するもの。

講義では、セキュリティ対策を実施しているにもかかわらずサイバー攻撃に遭うしくみを解説するほか、サイバーセキュリティ対策のあたらしい技術を紹介。また、サイバー脅威を回避する新しい組織体制についても解説する。

同大学では、2014年6月に米メリーランド大学と学術交流協定を締結し、同年12月にはサイバーセキュリティセンターを新設するなど、サイバーセキュリティに関する人材育成に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
職業技術専門校でメール誤送信 - 大阪府
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
メール誤送信で企業担当者のメアド流出 - 大阪府
JALを装うなりすましメールに注意 - Facebookで不審な投稿も
一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大