Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けファイル管理アプリにディレクトリトラバーサルの脆弱性

Droidwareが提供するAndroid向けファイル管理アプリ「Explorer+File Manager」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリの「同2.3.3」より以前のバージョンにディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2015-2966」が含まれていることが判明したもの。上位版である「同Pro」も影響を受ける。

脆弱性が悪用された場合、アプリにアクセス権限があるディレクトリにおいて、意図せずファイルを作成されたり、既存のファイルを上書きされるおそれがある。

同脆弱性は、さくら情報システムの小池亮平氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
「ニトリアプリ」に脆弱性、アプリ経由で外部URLへ誘導されるおそれ
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
サイボウズの複数Androidアプリに脆弱性 - 修正版がリリース