Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けファイル管理アプリにディレクトリトラバーサルの脆弱性

Droidwareが提供するAndroid向けファイル管理アプリ「Explorer+File Manager」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリの「同2.3.3」より以前のバージョンにディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2015-2966」が含まれていることが判明したもの。上位版である「同Pro」も影響を受ける。

脆弱性が悪用された場合、アプリにアクセス権限があるディレクトリにおいて、意図せずファイルを作成されたり、既存のファイルを上書きされるおそれがある。

同脆弱性は、さくら情報システムの小池亮平氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2015/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
トレンドマイクロのWindows向けパスワード管理製品に脆弱性