Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネスコとレピカが提携、検出した個人情報ファイルの暗号化

ネスコとレピカは、個人情報ファイルの検出と暗号化を連携させた情報漏洩対策ソリューションで提携すると発表した。

レピカの個人情報検出ソフト「P-Pointer」により、パソコンや共有サーバ内に保存されたパスワードを設定していない個人情報フィルを検出。検出したファイルをネスコの「DataClasys」により暗号化することが可能。

フォルダでの連携では、検出した個人情報ファイルをあらかじめ作成した暗号化用フォルダに移動することで暗号化する。またCSVファイルでの連携では、個人情報ファイルの検索結果画面で暗号化したいファイルにフラグを立て、結果データをCSV形式で出力すると、自動的に暗号化できる。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック