Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネスコとレピカが提携、検出した個人情報ファイルの暗号化

ネスコとレピカは、個人情報ファイルの検出と暗号化を連携させた情報漏洩対策ソリューションで提携すると発表した。

レピカの個人情報検出ソフト「P-Pointer」により、パソコンや共有サーバ内に保存されたパスワードを設定していない個人情報フィルを検出。検出したファイルをネスコの「DataClasys」により暗号化することが可能。

フォルダでの連携では、検出した個人情報ファイルをあらかじめ作成した暗号化用フォルダに移動することで暗号化する。またCSVファイルでの連携では、個人情報ファイルの検索結果画面で暗号化したいファイルにフラグを立て、結果データをCSV形式で出力すると、自動的に暗号化できる。

(Security NEXT - 2015/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS