Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス

GMOサイバーセキュリティbyイエラエは、重要インフラ事業者を対象にサイバー攻撃の対策状況を自動でチェックするサービスを提供開始した。

「GMOサイバーセキュリティfor社会インフラ」は、鉄道、電力、ガス、医療、水道などのインフラ事業で利用するシステムにおいて、外部よりアクセスできるIPアドレスやドメインのセキュリティリスクを調査するサービス。

ヒアリングしたシステム情報をもとに診断対象を選定。対象IPアドレスやドメインに既知の脆弱性や設定ミス、情報漏洩などが生じていないか定期的に調査を実施する。調査結果はポータルサイトより確認でき、対策レベルや脆弱性などを確認できる。

同社は、インフラ事業者を対象に期間限定で同サービスを1年間無償で利用できるキャンペーンを実施している。申し込みは2022年11月30日まで。

(Security NEXT - 2022/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)