Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同一攻撃者による変幻自在な標的型攻撃 - 9組織へ2年半

国内の9組織を対象に、同一の攻撃者が31カ月にわたって執拗に攻撃を繰り返すケースが確認された。連絡帳や求職、問い合わせなど、騙しの手口もさまざまだった。

情報処理推進機構(IPA)が、「サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)」の活動レポートとして明らかにしたもの。参加組織から情報提供された標的型攻撃メール939件を分析した結果、12%に相当する114件が同一の攻撃者によるものと結論づけた。

これらの攻撃メールは国内の9組織を標的としており、2012年9月から2015年3月までの31カ月にわたり観測されている。

メールの内容はさまざま。2012年11月に送られたのは「調査事項」という件名の簡素なメールだった。開くと脆弱性を悪用してマルウェアの感染を試みる「Word」ファイルが添付されていた。

4カ月後の2013年3月には「応募」の件名で求職を装い、「履歴書」と称するファイルを添付。2014年7月には「連絡帳」の送付を装うメールを送り付けた。アイコンは「Excel」の文書だが、実行ファイルが偽装されたものだった。また同月には研究に関する問い合わせを装ったメールが確認されており、「論文」と称する「Word」ファイルが届いた。いずれの添付ファイルにもマルウェアが仕掛けられている。

メールの内容や悪用する脆弱性、マルウェアなどに一見関連性がないように見えるが、同団体で不正接続先ホスト名やIPアドレス、メールの送信元、着信時期と件数などを相関分析した結果、関連性が明らかになったという。

(Security NEXT - 2015/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
Veeam製バックアップ製品を狙う脆弱性攻撃が発生 - 早急に対処を
「Citrix ADC」脆弱性、攻撃グループ「APT5」が悪用か - 米政府指摘
「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」