Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームツールの探索行為が増加 - 踏み台に悪用されるおそれ

5月中旬以降、オープンプロクシとして動作するゲームツールを探索していると見られるアクセスが増加しているとして、警察庁が注意を呼びかけている。

20150525_na_001.jpg
37564番ポートに対するアクセス(グラフ:警察庁)

同庁によれば、37564番ポートに対してプロキシを探索していると見られるアクセスが増加しているもの。同ポートは、オンラインゲームの進行状況を確認するために利用されているユーティリティソフトが、初期設定でプロキシとして利用しているという。

同ソフトは、外部から利用できるオープンプロキシとしても動作しており、不正アクセスなどの踏み台に悪用することが可能であるため、同ソフトを導入した端末を探索している可能性がある。

警察庁では、今回のソフトに限らず、起動するだけで意図せずプロキシとして動作するソフトがあるとして、ルータやOSのファイアウォールを利用して外部からのアクセスを制限するなど、セキュリティ対策を実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
藤沢市関連サイトに不正アクセス - スパム踏み台に
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
メールサーバが踏み台に、約25万件の迷惑メール - パーソルP&T
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン