Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童情報の複数紛失事故、拾得者の連絡で判明 - 大阪市

大阪市立小学校において、児童の個人情報含むUSBメモリや児童名簿の紛失が発生していたことがわかった。いずれも、拾得者から学校に連絡があり判明したという。

4月27日、USBメモリと名簿を拾得したことを知らせる外部からの連絡があり、学校関係者が回収したもの。名簿については、教員が児童名を覚える目的で自宅に持ち帰ったもので、同月23日まで所在が確認できていることから、それ以降に紛失したと見られる。名簿には、全校児童291人の氏名と学年、クラスが記載されていた。

一方USBメモリは別の教員が校内で使用していたもので、持ち出しは禁止されていた。教員が同月24日に持ち出し、その後紛失したと見られるが、日時などは特定できていない。

授業や校内行事を撮影した写真817件が保存されており、児童182人が写っている。そのほか、児童20人分の作文なども含まれる。メモリにパスワードは設定していなかった。

(Security NEXT - 2015/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
海外出張先で個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - 金沢大
学生情報含むUSBメモリを紛失、ファイルにはパスワード - 名大
小学校で転入児童に関する文書を紛失 - 江戸川区
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大