Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント参加申込者の名簿を誤ってメールに添付 - 福岡地域戦略推進協議会

福岡地域戦略推進協議会は、イベント申込者の個人情報含む名簿を、過去のイベント参加者に誤ってメール送信したことを明らかにした。

同協議会によれば、1月16日10時20分に送信したメールにおいて、本来ならば「FUKUOKA 地域戦略フォーラム 2015」の参加案内を添付すべきだったが、同じフォルダ内に保存していた参加者の名簿を誤って添付。メール受信者からの連絡で問題が判明した。

誤送信した名簿には、同フォーラムにすでに参加申し込みを行っている212人の氏名のほか、一部メールアドレスや電話番号も含まれる。同協議会が過去に開催したイベントの参加者456人に送信したという。ただしそのうち2人は宛先不明で届かなかった。

同協議会では誤送信先に連絡を取り、名簿の削除を依頼。また、流出の対象となった申込者に謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
新卒採用受験者に個人情報を誤送信、未記入ファイルと取り違え - 毎日放送
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管