Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム開発用サーバに不正アクセス、DoS攻撃の踏み台に - KADOKAWA

KADOKAWAは、ゲーム開発に利用しているサーバが不正アクセスを受け、DoS攻撃の踏み台にされていたことを明らかにした。

同社によれば、1月3日にゲーム開発用のサーバが不正アクセスを受け、同月6日の15時ごろから21時ごろにかけて、DoS攻撃の踏み台として悪用されていたことが判明したという。同社では事態発覚後、被害拡大を防ぐためサーバをネットワークから切断した。

同社では、セキュリティ対策や運用方法を見直すほか、監視体制の強化やサーバ構成の再検討など再発防止策を講じる。今回の不正アクセスによる個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内でも被害発生、「ColdFusion」の既知脆弱性狙う攻撃
ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
Barracuda ESGの侵害、中国関与か - スパム装いゼロデイ攻撃を隠蔽
オープンソース版「OpenAM」にオープンリダイレクトの脆弱性