Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすましメールでマルウェア感染、内部データが流出 - 三菱商事

三菱商事において、従業員が使用する複数のパソコンに新種マルウェアが感染し、業務情報や個人情報が外部に流出したことがわかった。

同社によれば、発信元を詐称した「なりすましメール」により、従業員のパソコン2台がマルウェアに感染したもの。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど内部に保存されていた個人情報約600件および取引情報1件が外部に流出したという。

2014年12月24日に問題が判明し、同社では所管する経済産業省や警視庁に報告した。対象となる関係者に順次連絡を取り、事情を説明して謝罪を行っているが、二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
委託先がサポート詐欺被害、個人情報流出のおそれも - 焼津市
複数端末がマルウェア感染、情報流出の可能性 - 富士通
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
総務省、LINEヤフーに行政指導 - 「電気通信事業全体の信頼を損なった」
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館