Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の帳票4500件が所在不明に - 親和銀

親和銀行は、顧客情報が記載された取引票約4500件が所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、2009年1月5日から2月26日、および同年3月2日から21日にかけて浜田町支店で扱ったあわせて46日分の取引票が所在不明となっているという。

正確な件数は把握できておらず、約4500件にのぼると見られる。書類には顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額など個人情報が記載されていた。

同行は、これら帳票に関して不要書類とともに行内で誤って廃棄した可能性が高いと説明。情報の不正利用なども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀