Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の帳票4500件が所在不明に - 親和銀

親和銀行は、顧客情報が記載された取引票約4500件が所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、2009年1月5日から2月26日、および同年3月2日から21日にかけて浜田町支店で扱ったあわせて46日分の取引票が所在不明となっているという。

正確な件数は把握できておらず、約4500件にのぼると見られる。書類には顧客の氏名、住所、口座番号、取引金額など個人情報が記載されていた。

同行は、これら帳票に関して不要書類とともに行内で誤って廃棄した可能性が高いと説明。情報の不正利用なども確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
外部クラウド利用したカードローン申込窓口に設定不備 - 三井住友信託銀
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大