Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISCのウェブサーバにマルウェア - 閲覧した場合は感染チェックを

Internet Systems Consortium(ISC)は、ウェブサーバがマルウェアへ感染していた可能性があるとしてサイトを停止した。

ISCは、米国のNPO法人でBINDやDHCP、NTPなどをはじめ、オープンソースソフトウェアを開発する団体。DNSサーバの「Fルートサーバ」を運用するほか、DNSの危機コーディネーションセンター(OARC)を運用している。

ウェブサイトがマルウェアに感染している可能性が判明したもので、メンテナンスを行うためにウェブサイトを停止した。心当たりがある場合は、マルウェアへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

またソフトウェアをダウンロードする必要がある場合は、FTPサイトより入手するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
Windowsに危険度高い脆弱性「Bad Neighbor」 - ワーム発生に要警戒
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず