Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、重要インフラ防護で過去最大規模の演習 - 13分野90組織が参加予定

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、重要インフラにおけるIT障害対応の能力向上を目指し、12月8日に分野横断的な演習を都内で実施する。約90組織が参加し、過去最大規模となる見込み。

今回の演習では、最新の障害事例を踏まえ、現実的なシナリオを想定。政府機関をはじめ、政府行政サービスや情報通信、金融、エネルギー、運輸、医療、水道など13分野の事業者や、情報共有を行っている18セプターなどが参加する。2013年の61組織を大きく上回る約90組織から270名が参加する予定。

演習は2部構成で、第1部では影響が小さい障害で情報共有体制を確認。第2部ではサービスへ影響が生じる障害を想定し、事業継続性などを検証する。

(Security NEXT - 2014/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
政府、サイバーセキュリティ協議会の第4期構成員を募集
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC