Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年3Qの標的型攻撃、前四半期から大幅減 - 狙いは既知の脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)における2014年第3四半期の活動レポートを取りまとめた。

J-CSIPは、標的型攻撃による被害を防止するために官民が参加する組織。重要インフラや製造業など約50社が参加しており、秘密保持契約のもと、検知された攻撃情報を共有、セキュリティ対策へ活用している。

同四半期における参加組織からの報告は100件。前四半期は一過性と見られる攻撃メールにより259件へと一時急拡大したが、第1四半期の95件とほぼ同水準に落ち着いた。100件のうち標的型攻撃メールは79件で、前四半期の226件から3分の1近くまで縮小している。

一方、参加組織に対する情報提供数は52件で、前四半期の59件から減少したものの、引き続き50件台で推移しており、第1四半期の40件を上回っている。

攻撃手法を見ると、79%が添付ファイルを用いた感染活動。1%は情報収集を目的とした見られるメールだった。20%については、未然にブロックしたことから攻撃手法はわかっていない。

添付ファイルの種類は、Office文書ファイルが6割を占めて、前四半期から32ポイントの増加となった。実行ファイルが31%で続く。

不正接続先の地域を見ると、中国が49%。日本が20%と目立つ。次いで香港、米国、イギリスがともに7%だった。また今回1%と少ないがスペインへ接続されたケースもある。J-CSIPでは、日本国内サーバが不正接続先の場合、外部機関と連携してサーバの停止など調整に取り組んでいるという。

お詫びと訂正:本記事初出時の記載について、「攻撃手法」「添付ファイルの種類」「不正接続先」といったデータが古いデータとなっていました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

 

(Security NEXT - 2014/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも