Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、「内部不正防止ソリューション」をリリース

日立ソリューションズは、内部関係者による機密情報漏洩リスクを軽減する「内部不正防止ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、内部不正対策を「認証強化・ID管理」「監視・監査」「持ち出し制御」「データ統制」の4つのカテゴリーに分割。関連製品をソリューションとして展開するもの。

持ち出し制御として、情報漏洩防止ソリューション「秘文」、データ統制では「活文NAVIstaff」など、目的にあわせたソリューションを用意している。

また専門コンサルタントが、情報処理推進機構(IPA)の「組織における内部不正防止ガイドライン」に基づいて現地ヒアリング調査を行う「現状分析サービス」を提供。その結果を踏まえ、不足部分を補うためのソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
「Salesforce」で設定不備、外部アクセスにより情報が流出 - JICA
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開
サーバがランサム感染、情報流出の可能性 - ランドブレイン