Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、「内部不正防止ソリューション」をリリース

日立ソリューションズは、内部関係者による機密情報漏洩リスクを軽減する「内部不正防止ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、内部不正対策を「認証強化・ID管理」「監視・監査」「持ち出し制御」「データ統制」の4つのカテゴリーに分割。関連製品をソリューションとして展開するもの。

持ち出し制御として、情報漏洩防止ソリューション「秘文」、データ統制では「活文NAVIstaff」など、目的にあわせたソリューションを用意している。

また専門コンサルタントが、情報処理推進機構(IPA)の「組織における内部不正防止ガイドライン」に基づいて現地ヒアリング調査を行う「現状分析サービス」を提供。その結果を踏まえ、不足部分を補うためのソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
米当局、Linuxカーネルの脆弱性など3件を悪用リストに追加
サーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 元旦ビューティ工業
退職時に共済契約データ持出、内部調査で発覚 - JAえちご上越
駐車施設付置届出書含むバックアップ用USBメモリが所在不明 - 川崎市
DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開