Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイルを学生125人にメール送信 - 兵庫医科大

兵庫医科大学は、6年生40人の個人情報含むファイルを、1年生125人に誤ってメール送信したことを明らかにした。

10月14日、教務学生課の職員が、別の職員宛ての業務メールとして、6年生40人の個人情報含むExcelファイルを添付したメールを送信。その際に操作を誤り、1年生への連絡用として使用している一斉送信用のアドレスにも送信した。ファイルにパスワードは設定していなかったという。

誤送信したファイルには、学生の氏名、電話番号、性別のほか、保護者の氏名、住所、電話番号、続柄などが含まれていた。

誤送信の発生後、送信先の1年生に対しメールや電話などで誤送信したメールの削除を依頼。また個人情報が流出した学生やその保護者に対して、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
ホテル会員の個人情報をメールで誤送信 - リゾートトラスト
「Emotet」感染でなりすましメール送信 - 岐阜新聞社
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信