Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カード申込書兼暗証番号届」など923件を誤廃棄 - JAバンク新潟県信連

新潟県信用農業協同組合連合会は、顧客情報923件が記載された書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同連合会によれば、2003年度から2011年度分の「カード申込書兼暗証番号届」および「キャッシュカード申込書」を誤って廃棄したもので、7月30日に内部資料の定期点検を行った際、廃棄した文書の保存期間を誤っていたことに気が付いたという。

誤廃棄した書類には、個人顧客869件と法人顧客54件の氏名、住所、電話番号、暗証番号などが記載されていた。書類については、2月18日にシュレッダーで裁断、廃棄したことを確認しており、外部流出の可能性については否定している。

(Security NEXT - 2014/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
未発送のローン残高通知ハガキ、従業員が処理に困り裁断 - 東山口信金
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
傘下3行で顧客情報含む帳票約4万件を紛失 - 山口FG
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
追加調査で文書保存箱の紛失や誤廃棄が判明、あわせて5箱に - 静岡市
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市