Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カード申込書兼暗証番号届」など923件を誤廃棄 - JAバンク新潟県信連

新潟県信用農業協同組合連合会は、顧客情報923件が記載された書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同連合会によれば、2003年度から2011年度分の「カード申込書兼暗証番号届」および「キャッシュカード申込書」を誤って廃棄したもので、7月30日に内部資料の定期点検を行った際、廃棄した文書の保存期間を誤っていたことに気が付いたという。

誤廃棄した書類には、個人顧客869件と法人顧客54件の氏名、住所、電話番号、暗証番号などが記載されていた。書類については、2月18日にシュレッダーで裁断、廃棄したことを確認しており、外部流出の可能性については否定している。

(Security NEXT - 2014/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
子育て支援センターの登録者カードが所在不明 - 新潟市
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市
保守委託先で顧客情報含むHDDが所在不明 - はばたき信組
ジョギング大会の参加者名簿が所在不明に - 綾川町