Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインバンキングの不正送金被害、法人被害が前年同期8倍に - 全銀協まとめ

全国銀行協会は、会員の金融機関で発生したインターネットバンキングにおける不正送金の発生状況を取りまとめた。全体的に増加傾向が続いており、特に法人の被害増加が目立っている。

同調査は、同協会が会員の金融機関192行を対象にアンケートを実施し、取りまとめたもの。オンラインバンキングで本人以外によって不正に送金され、振込先から金銭がすぐに引き出され、被害者に返還できなかったケースについて集計した。

2014年4月から6月までの2014年第2四半期に発生した不正送金は459件。2013年第4四半期の256件、前四半期の392件から着実に増加しており、過去最悪を更新した。

被害額は6億4700万円で、前四半期の6億9100万円からやや減少。ただし、3億5900万だった前々回の調査や、前年同期の1億2800円と比較すると、高い水準で推移していることがわかる。

459件の内訳を見ると413件が個人。法人は46件で22件だった前四半期から被害件数が倍増した。また前年同期の5件と比較すると、9倍以上へと跳ね上がっている。

被害額の内訳は、個人が4億4900万円、法人が1億9800万円。金融機関における対応が決定した148件のうち、補償対象となったのは138件で、補償率は93.2%。前四半期の99.2%から6ポイント減となった。

(Security NEXT - 2014/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」