Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

98%で「Struts 1」が稼働、半数以上がサポート終了したPHPを利用

サポートが終了したにも関わらず、旧バージョンを利用し続けるケースが目立っている。NRIセキュアテクノロジーズの調査によれば、ウェブアプリケーションの動作に大きく影響するミドルウェアではその傾向が顕著だった。

同社が提供するセキュリティ対策サービスを通じ、2013年度に得られたデータを調査分析し、取りまとめたもの。

ウェブアプリケーションについて診断を実施したところ、安全と診断されたケースは、582件中43%にとどまった。2009年以降改善傾向にあり、前年から6ポイント増となったものの、「危険(28%)」「注意(29%が)」をあわせると半数を超えている。

具体的に発見された脅威を見ると、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が最多で調査対象の49%で発見された。「SQLインジェクション(16%)」「なりすまし(12%)」が続く。

また利用するソフトウェアのサポート状況についても調査を実施している。PHPがインストールされていた807サイトについて、稼働するPHPのバージョンについて調べたところ、すでにサポートを終了しているPHPを利用しているケースが、56%にのぼった。またサポート終了が近い「同5.3」の利用も38%に上る。

Apache Strutsに至っては、利用していた46サイトのうち、45サイトにおいて、2013年4月にサポートが終了した「Apache Struts 1」が稼働していたという。

「Apache」や「IIS」などHTTPサーバに関してはそれぞれ24%、4%がサポート切れだった。同社では、ウェブアプリケーションの動作に影響が大きいミドルウェアのアップデートが遅れていると分析している。

(Security NEXT - 2014/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減