Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6割が「パスワード使い回し」 - 「忘れてしまう」「面倒だから」が半数超

約6割のユーザーが複数のオンラインサービスで同一のパスワードを使い回していることがわかった。「パスワードを忘れてしまう」「管理が面倒だから」といった理由が目立っている。

情報処理推進機構(IPA)が4月4日から7日にかけて実施した「オンライン本人認証方式の実態調査」で判明したもの。同調査は、個人のインターネットサービス利用者2060人を対象に、ウェブ上でアンケートを実施した。

同調査では、安全なパスワード管理の意識について尋ねたところ、「英数字、記号を利用する」が74.2%で最多。「名前や誕生日など推測されやすい文字を避ける(70.3%)」「文字数を8文字以上にする(67.2%)」など、多くの回答者が対策として必要だと認識していることがわかった。

しかしながら、実際に利用しているパスワードとの乖離は小さくない。「英数字と記号の組み合わせ」を利用しているユーザーは、約13%にとどまる。

もっとも多かったのは、「ランダムな英数字の組み合わせ」で約26%。記号は利用していないが、予想できない文字列を用いていた。一方で「自身や家族の名前にちなんだもの」が2割前後、誕生日に関連するパスワードも2割弱にのぼった。

今回の調査では、オンラインバンキングやショッピングなど金銭に関連するサイト、ブログやSNSといった個人的な情報発信に利用するサイト、その他のサービスにわけて傾向を調べているが、いずれも同様の傾向を示したという。

(Security NEXT - 2014/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定