Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報漏洩企業と取り引きしない」72% - セーフネット調査

日本セーフネットは、5カ国の消費者を対象に情報漏洩に関する意識調査を実施し、結果を公表した。漏洩事件が発生した企業との取り引きに否定的な意見が目立ったという。

同社によれば、今回の調査は6月27日から7月4日にかけて米国、イギリス、ドイツ、日本、オーストラリアの5カ国における成人のインターネット利用者4559人を対象に実施したもの。

同調査では、個人を特定できる情報を漏洩した企業に関して、再び買い物や取り引きを行うことがあるか尋ねたところ、「決してない」「ほとんどない」をあわせると57%と半数以上にのぼったという。日本に絞ると72%とさらに厳しい結果だった。

漏洩した情報がクレジットカード情報、銀行口座番号、関連するログイン情報など、金融関連情報の場合は、ワールドワイドで65%、日本で82%とさらに高い。特に日本は5カ国中もっとも厳しい結果で、2番目に多いオーストラリアの72%を10ポイント上回った。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
Apple、「macOS Catalina 10.15.7」など公開 - ゼロデイ脆弱性3件を修正
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
MS、月例パッチで脆弱性112件に対処 - 一部ゼロデイ攻撃も
Adobe、「Adobe Connect」など2製品にセキュリティアップデートを公開
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省