Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年第2四半期の脆弱性届出は329件 - ウェブサイトの届出が倍増

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2014年第2四半期における脆弱性の届出状況について取りまとめた。

20140724_ip_002.jpg
脆弱性の届出件数(表:IPA)

同レポートによれば、同四半期に届け出があった脆弱性関連情報は329件。前四半期の189件を大きく上回った。そのうちソフトウェア製品の脆弱性は40件で、前四半期の44件から減少する一方、ウェブサイトの脆弱性は289件と、前四半期の145件から倍増した。

受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェアが1828件、ウェブサイトが8019件で、あわせて9847件にのぼる。ウェブサイトが占める割合は81%と傾向に変化は見られない。1就業日あたりの届出件数は4.04件で、前期の4.01件からわずかに悪化した。

20140724_ip_003.jpg
脆弱性届出の推移(グラフ:IPA)

ソフトウェア製品の届出件数を種類別に見ると、「グループウェア」が最も多く、次いで「ウェブアプリケーションソフト」と「アプリケーション開発・実行環境」が多い。

またオープンソースソフトウェアの割合が上昇しており、今四半期は14件がオープンソースソフトウェアだった。累計でも全体の31%を占めている。

スマートフォン向けアプリの脆弱性届出件数は5件。2013年第3四半期は45件、第4四半期は46件と急増したが、それ以降は低水準で推移している。脆弱性が悪用された場合に生じる脅威は、「任意のスクリプト実行」が最多で、「情報の漏洩」「任意のコード実行」と続いた。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に