Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、サーバ向けセキュリティ対策をクラウドで提供

トレンドマイクロは、サーバ向けクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Deep Security as a Service」を、9月1日より提供開始する。

同サービスは、サーバ向けセキュリティ対策機能を備える「Trend Micro Deep Security」において、セキュリティ設定の変更やログ管理を行う管理サーバをクラウド経由で提供するもの。管理サーバを構築することなく利用できる。

マルウェア対策やファイアウォールをはじめ、ファイルやレジストリの変更監視、セキュリティイベントログの監視、ウェブアプリケーション保護のほか、脆弱性に対する攻撃からシステムを保護する仮想パッチなどの機能を利用することが可能。

同社は、同製品を通じて今後3年間に15億円の売上を目指している。

(Security NEXT - 2014/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
管理が不十分なサーバやネットワーク機器を洗い出すサービス - マクニカネット
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト