Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントに備えたログ取得管理状況の調査サービス

神戸デジタル・ラボ(KDL)は、Windowsサーバやセキュリティ機器におけるログの取得や管理状況を調査する「ログ設定診断」サービスを開始した。

同サービスは、インシデント調査などの際、被害状況の把握に必要となるログが平時より適切に取得、管理されているか診断するサービス。

利用するシステムのログの設定状況や有効性を確認し、インシデント対応時に判断可能な内容を明示するほか、各種ガイドラインへの準拠など、改善案を提案する。

診断対象機器の台数に応じて料金や調査期間は変化する。診断期間は1カ月半から。料金は40万円から(税別)。

(Security NEXT - 2023/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ