Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バラクーダ、中規模向けに高機能FWを発売 - アプリケーション制御に対応

バラクーダネットワークスジャパンは、高機能ファイアウォールの新製品「Barracuda Firewall」を販売開始した。

同製品は、IPSやアプリケーション制御、VPNやトラフィックの管理機能などを備えた高機能ファイアウォール。専任管理者を用意できない中規模組織向けの製品で、クラウド上の管理画面から制御することが可能。

最新のファームウェアとなる「バージョン6.5」を採用し、アプリケーションのコントロール機能などを搭載。ブラウザやブラウザ以外で利用する1200以上のアプリケーションに対し、管理者は動的なポリシーを定義してコントロールすることが可能。

ユーザーやグループに対し、アプリケーションはもちろん、カテゴリ、場所、日時などによって制御できる。またダッシュボードのカスタマイズや、レポート機能の向上など強化した。

スループットが異なる5モデルを用意しており、価格は34万0200円から。

(Security NEXT - 2014/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード