Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手形や小切手の画像データ1万2000件含むMOを紛失 - 筑波銀

筑波銀行は、関城支店において、手形や小切手の画像データ1万2058件が記録されたMOを紛失していたことを明らかにした。

紛失したディスクは、手形交換所に手形や小切手を持ち込む際に、紛失などに備えて画像をバックアップしていたもので、内部ルールで保存期間を10年と定めているが、関城支店の自主点検で紛失が判明したという。

同ディスクには、2004年2月23日から2009年5月13日までの間に、交換のため持ち出した手形や小切手の画像データ推定1万2058件が記録されていた。顧客の氏名、住所、額面金額などが含まれる。

同行では、誤廃棄した可能性が高いと結論付けており、関連する問い合わせや不正利用などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2014/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
SMBCグループ2社、クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - バグで対象者特定できず
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス