Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機密データを自宅PCにメール、ネット流出で職員を懲戒処分 - 京都市

京都市は、職員が自宅に持ち出した非公開の人事情報などがインターネット上から流出したとして、同職員などに対して懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は2013年4月25日、当時所属していた情報化推進室職員の人事情報などのデータを、規定上禁止されていることを知りながら自宅のPCにメールで送信。データをパソコンの外部記憶装置に保存したが、その後それら情報がインターネット経由でアクセスできる状態になっていた。

同市では今回の問題を受けて、5月22日付けで同職員に対し停職10日の懲戒処分を実施。同日付けで、課長補佐から係長へ降格とした。上司に対しても文書による懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2014/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで